Links
  • 筑波大学 生物学類
  • 筑波大学 大学院生命環境科学研究科
  • 生物科学専攻
  • 科学技術振興機構 戦略的創造研究推進事業 さきがけ
  • 新学術領域研究「配偶子幹細胞制御機構」
Contact

〒305-8572
茨城県つくば市天王台1-1-1

筑波大学 生命環境系
生物科学専攻 丹羽研究室

オフィス:生物農林学系棟 B411
TEL&FAX 029-853-6652

ラボ:生物農林学系棟 D301
TEL&FAX 029-853-4907

島田の論文(栄養とホルモン生合成を介在する神経メカニズムの発見)が公表されました

研究員の島田が長らく取り組んできた研究成果が Nature Communications に掲載されました。栄養によって変化する発育およびステロイドホルモン生合成を調節する新規セロトニン神経経路の同定です。

Yuko Shimada-Niwa and Ryusuke Niwa (2014) Serotonergic neurons respond to nutrients and regulate the timing of steroid hormone biosynthesis in Drosophila

Nature Communications 5: 5778 doi:10.1038/ncomms6778

http://www.nature.com/ncomms/2014/141215/ncomms6778/full/ncomms6778.html

JSTからのプレスリリース:http://www.jst.go.jp/pr/announce/20141215/index.html

筑波大学 注目の研究:http://www.tsukuba.ac.jp/attention-research/p201412151900.html

JSTサイエンスポータルでの紹介記事「腹ぺこ幼虫が満腹でサナギになる仕組み」:http://scienceportal.jst.go.jp/news/newsflash_review/newsflash/2014/12/20141216_01.html